WP Multibyte Patchの使い方と設定方法

WPMultibytePatch

WP Multibyte Patchとは

「WP Multibyte Patch」とは、日本語版WordPressに最初からインストールされているプラグインで、日本語をはじめとするマルチバイト文字をWordPressで正しく扱うために開発されたプラグインです。

マルチバイト文字というのは1文字を2バイト以上で表現する文字のことで、日本語のひらがなやカタカナ、漢字などがそれにあたります。

そのため、日本語版のWordPressを使用する上で、必須となるプラグインとなります。

 

スポンサードリンク

WP Multibyte Patchが解決してくれる問題

WordPressで日本語を扱う場合、様々な日本語固有の問題が発生します。しかし「WP Multibyte Patch」を使用すればそれらを全て解決してくれます。実際にどのような問題が解決できるのかをご紹介します。

  • メールの文字化け
  • マルチバイトファイル名の変換バグ
  • 投稿画面の文字数カウントバグ
  • 検索での全角スペース誤認
  • UTF-8 以外の文字コードからのトラックバックの文字化け
  • UTF-8 以外の文字コードからのピンバックのハグ

このプラグインを導入することにより、これらの問題を解決することができます。

WP Multibyte Patchのインストール

最初の方にも書きましたが、「WP Multibyte Patch」はWordPress日本語版には最初から標準でインストールされています。そのため、新たにインストールする必要はなく、有効化するだけで使えるようになります。

※自動的に有効化はされていませんので、必ず有効化を行うようにしましょう。

WP Multibyte Patchの有効化

WordPress管理画面 > プラグイン > インストール済みプラグイン と進みプラグインの一覧を表示します。

WPMultibytePatch_プラグイン一覧

プラグインの一覧の中に「WP Multibyte Patch」がありますので、「有効化」をクリックします。

WPMultibytePatch_有効化

これで「WP Multibyte Patch」が有効化されました。このプラグインは有効化するだけで機能しますので特に設定などを行う必要はありません。

以上で「WP Multibyte Patch」の設定は完了です!
お疲れ様でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が少しでもお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。


【こちらの記事もおすすめです!】

これだけでOK!最初に絶対必要なWordPressおすすめプラグイン13選!

2017.06.23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です