もう転売ヤーに負けない!限定商品や希少チケットをネットで買う方法

オンラインショッピング

こんにちは!ひでほい(@hidehoy)です。

みなさん、ネットで欲しい商品をちゃんと買えていますか?

今日は、ズバリ!「転売ヤーに勝つ方法」について書こうと思います!

今年に入ってからも、「EXILE」のコンサートチケットの転売をめぐって逮捕者が出たりと、最近話題に上がることも多い「転売」。

しばしば問題として取り上げられることも多い「転売」ですが、正直「転売」そのものを規制するのは難しいと思います。

規制対象の線引きの難しさや、ネットとリアルの既存市場の規模が大きすぎることが理由です。

スポンサードリンク

「転売ヤー」はこの先もずっと消えない

オークションサイトなどで行われているような、定価で購入した商品を定価以上で出品することは違法ではないし、とやかく言うつもりはありません。

僕もそれである程度稼がせてもらってますしね。

ただ、自分が本当に欲しかったモノが転売ヤーたちに目をつけられ、買うことができなかったショックはやっぱり相当なものです。

「転売ヤー対策もっとしっかりしとけよ!」と言いたくなるようなサイトもまだまだたくさんあります。

僕の考えですが、転売ヤーを出し抜くには、結局、転売ヤーと同じことをやるしかないんですよ。

僕もネットビジネスをやり始めてから、転売で食っている人にもけっこう出会いました。

奴らのバイタリティや行動力はハンパないですよ(笑
対策されたとしてもイタチごっこになるだけで、今後ずっと生き残っていくと思います。

ということで、今回は毒は毒をもって制するの精神で、転売ヤーに負けないネット通販のコツをお伝えしていきたいと思います!

回線速度

なんと言っても、まずはこれですね。

ネット通販は、基本的に早いもの勝ちです。

楽天やAmazonもそうです。

弱い回線で、強い回線に勝とうとするのは、軽自動車でスポーツカーに勝負を挑むようなものです。

ショッピングサイトにアクセスが集中しサイトが重くなった時に、いつも購入画面までたどり着けない場合は、回線速度が弱い可能性が高いです。

こちらのサイトで現在の環境の回線速度を調べることができます。

Speedtest.net

ここで、ダウンロードとアップロードの速度が70Mbps以下だとかなり厳しいです。

スマートフォンや、無線LANやWiFiを使ったノートパソコンと有線のパソコンを比較した場合、有線の方が圧倒的に速いです。

早いもの勝ちのサイトの場合、僕も有線のパソコンを使っています。

有線でも遅い場合は、LANケーブル自体を買い換える

有線なのに速度が出ない場合は、使っているLANケーブルに問題がある可能性があります。

LANケーブルは、古くなってくると折り曲がりや経年劣化など様々な要因で性能が低下します。

LANケーブルを新しくすることで、劇的に速度が改善することもあります。

速度を求めるのであれば、こちらのLANケーブルを選択すれば間違いないです。
価格も手頃なので、オススメですよ。

LANケーブルを換えても改善しない場合は、回線を変えてみる!

有線でも速度が出ない場合は、回線自体を変えてみると良いです。

おすすめの回線は「 NURO 光 」です。

速度が2Gbpsと他の追随を許さない圧倒的な速度を誇ります。

ちなみに、一般的な高速回線は1Gbpsです。
もうこの回線より速い回線は、一部の企業と官公庁の専用回線くらいじゃないでしょうか。

しかも、「キャンペーン」のキャッシュバックなどを考慮すると、価格も他社よりも安いです。

しかし、そんな「NURO光」にも一つだけ弱点があります。

それはエリアの問題です。

今後拡大が予想されますが、2017年8月現在は関東エリアのみでサービスが展開されています。

逆に言うと、関東在住の方は「NURO光」一択と言っていいレベルです。

では関東圏以外に住んでいた場合は高速回線を諦めなければいけないかと言うと、そうでもないです。

関東圏以外でもおすすめの回線はあります。
私も、「NURO光」を使いたいところですが、エリア外なので別な回線を使っています。

それは、「auひかり」です。

理由は、「auひかり」は独自の回線を持っているためということがあげられます。

独自の回線がなぜ高速かと言うと、回線を使用する人数が制限されているからです。

例えば、NTTの「フレッツ光」などは回線を全国に広げているため、ほとんどの人が申し込むことができます。
そかし、そのエリアの広さと引き換えに「加入者が多すぎて回線が混雑しやすい」という状況が生まれてしまいます。

「auひかり」は独自の回線で、NTT「フレッツ光」ほどエリアが広くありませんが、回線の混雑が起きにくく常に安定した速度を出せるんです。

しかも、キャッシュバックもNURO光に負けず劣らずかなり高額です。

ネット通販以外の実店舗をチェック

回線をはじめとしたネット環境の整備も大事ですが、必ずやっておきたいのが実店舗のチェックです。

インターネット上のオンラインショップでは即日完売でも、店舗には在庫が残っていることは以外と多いです。

例えば、つい先日発売された任天堂のゲーム機「Switch」とゲームソフトの「スプラトゥーン2」の同梱セット。
ネットで予約が開始されるや否や、主要なオンラインショップでは即完売でした。

僕も外出先からスマホでネット予約にトライしたんですが、購入画面に辿りつく前にあえなく撃沈・・・。

もうほとんど購入を諦めていたのですが、ダメ元で帰りに立ち寄った地元のヨドバシカメラで、あっさり予約できたなんてこともありました。

リアル店舗、侮るべからずです!

Nintendo Switch スプラトゥーン2セット

Nintendo Switch スプラトゥーン2セット

38,950円(08/19 09:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

購入するサイトの特性を知る

一概に、ネット通販と言っても、実は色々な種類があります。

実際に商品を購入する前に、そのネットショップの特性を知っておくことにより、商品を購入できる確率を格段に高めることができます。

いくつかの、サイトを例にパターンごとの対策をご紹介します。

パターン① サーバー能力が高いサイト

代表的な例として、楽天、Amazon、Supremeなどが挙げられます。

これらのサイトは、早い者勝ちのため、回線と購入を完了させるまでの操作の速度が勝負です。

転売ヤーたちは、もともとの回線が速いことはもちろんですが、特に競争率の高い商品には、botや自動購入ツールを使ってきたりと激戦必至です。

ただ、勝機はあります。

特にSupremeなどは、botやツール対策に熱心なので、狙いを一つの商品に絞れば、勝てる可能性は十分にあります。

一番人気の商品やカラーを避ければ、さらに購入できる確率は上がります。

ツールについては、後ほど解説します。

パターン② サーバー能力が低いサイト

ローチケHMVadidasなどがですね。

サーバー能力が低いサイトは、アクセスが集中するとサーバーが落ちて完全に繋がらなくなる場合があります。

サーバーが落ちてしまうと、サイトに繋がらない状態となりツールではどうすることもできません。

逆に言うと、ツールを出し抜けるチャンスとも言えます。

この状態で物を言うのは、回線速度と根気です。

こうなったら、パソコンの前に張り付き、繋がるまでひたすら画面を更新し続けます。
サーバーが復旧した瞬間に一気に購入手続きを済ませましょう!

復旧まで数時間掛かる場合もありますが、あとはタイミングと根気です。

パターン③ 抽選を行うサイト

代表的なのが、NIKEオンラインショップであるSNKERSです。

抽選のため、回線の速度は無関係となります。
SNKRSでは、販売開始から数分間の間に抽選を行っています。

つまり、回線速度や画面操作の速度よりも、回線数が重要になります。

本当に欲しい商品があった場合は、家族や友人にもお願いしてみると良いかもしれません。

SNKRSの攻略法をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください^^

【2018完全版】ナイキのSNKRSアプリで購入確率を上げる攻略方法まとめ

2018.06.19

その4 自動購入ツールを使う

自動購入ツールにもたくさんの種類があります。

商品の選択から、注文の確定まで1クリックでできたり、事前に設定しておけば販売開始時に購入まで自動でやってくれたり。

ちゃんと動けば、そりゃ速いに決まってます。
ただ、ちゃんと動かすのが以外と難しいんです。

サイトとの相性があったり、当たり外れが激しかったりと、使いこなすは簡単ではないので、正直おすすめできません。

ツールは有償のものが大半で、基本的に高価なほど高性能ですが、必ずしもこれを選べば間違い無いと言えるツールは無いんですよねー。

僕の周りの転売ヤーたちも、いくつかのツールを試した上で試行錯誤を繰り返していて、みんな苦労してます^^;

この辺の情報は、転売ヤーにとっても飯のタネなので、本当に使える情報って表に出てこないんですよね。

まぁ、楽して簡単に稼げる方法は無いってことです。

興味と試行錯誤が好きな方であれば、使ってみるのもありです^^

良いツールを見つけたら、どっかのタイミングでまた記事にまとめたいと思います。

まとめ

今回は、ネット通販などのオンラインショップで欲しいものをゲットする方法についてまとめてみました。

簡単で効果が出やすいのは、やっぱりネット環境の改善ですね。

実際にやってみると分かりやすいですが、有線のパソコンとWiFiのノートパソコンで、同時に同じ商品を購入しようとした場合の差は歴然です。

この記事を読んでくれた人が、みんな定価で商品を買えるようなってくれればうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です