グーグルマップで指定した場所に目印をつけて共有する方法

グーグルマップ目印共有

こんにちは。ひでほいです。

ブログを運営していると、グーグルマップを使って場所を紹介したいときって結構ありますよね?

今回、ある記事で地図に名称が載ってない地点を紹介することがありました。
できれば目印アイコンをつけた上でブログにマップを埋め込みたかったわけです。

だけど、やり方がわからない!

グーグルマップは仕様のアップデートが割と頻繁にあるので、出回っている情報が古かったりするんです。

そんなこんなで、色々さわっていたらできました

ということで今回は、タイトル通りですが、グーグルマップで任意で指定した場所に目印をつけて、ブログなどで共有する方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

指定した場所に目印をつける方法

それでは、一緒にグーグルマップの任意の場所に目印をつけていきましょう。

1.まずはグーグルマップを開き、目印をつけたい場所の周辺地図を表示します。
周辺地図を表示したら、目的の場所を左クリックします。

任意の場所を選択

2.画面下に表示される、緯度・経度のリンクをクリックします。

マップの緯度経度をクリック

3.画面左の「ラベルを追加」をクリックします。

ラベルを追加をクリック

4.ラベルとは自分用の目印の名前です。ブログなどに埋め込んだ地図には表示されません。
入力エリアに名前を入力したら、「ラベルを追加」をクリックします。

ラベル名を入力

5.目印のアイコンラベル名が表示されます。

目印と名前が追加

これで、目印の設定は完了です。
続いてグーグルマップを共有するためのリンクを作成します。

グーグルマップで指定した場所を共有する方法

6.画面左上のメニューボタンからメニューを開きます。

メニューを開く

7.メニューから「地図を共有または埋め込む」をクリックします。

地図を埋め込む

8.埋め込み用のリンクが表示されますので、サイズを指定して任意の場所に埋め込みましょう。

リンクを共有

こちらが今回作成した実際のグーグルマップ

今回作成したグーグルマップのリンクを、実際に埋め込んでみました。
目印のマーカーが表示されています。

以上です。

お疲れ様でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が少しでもお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です