海外挙式・海外ウェディングの費用は?実際にかかった費用を公開!

海外ウェディング費用公開

近年、結婚式を海外で行うカップルが増えています。

ハネムーンと挙式を一緒にできたり、大々的に披露宴を行わないで済むことが理由のひとつだそうです。

実は、僕もその一人。

去年、グアムで結婚式を挙げてきました!

僕もそうでしたが、まず最初に気になるのが挙式にかかる費用ですよね。

ということで、僕が実際にかかった費用とその内訳を公開したいと思います!

海外での結婚式を検討されている方の参考になればうれしいです。

スポンサードリンク

海外挙式・海外ウェディングにかかる費用

まずは、海外で挙式を挙げる際に必要になる全て費用を見ていきましょう。

 

  • 挙式費用
  • パーティー費用
  • 旅費(空港までの移動費、往復航空券)
  • ホテル宿泊費
  • ゲストの旅費と宿泊費(ここは人それぞれです。僕の場合、ゲストに負担してもらいました。)

 

大きく分類すると、この5つになります。

挙式費用とパーティー費用については、詳細な内訳をご紹介します。

その前に、その他の費用を見ておきましょう。

旅費

空港までの移動費と、往復の航空券にかかる費用になります。

僕の場合は、仙台から成田空港まで移動して飛行機に乗りました。

二人合わせて、
新幹線の往復が約40,000円
航空券が約150,000円でした。

航空券はシーズンや予約をするタイミングでも前後します。
僕の場合、グアムの乾季が始まる11月だったので、シーズン的には若干割高になりますね。

ホテル宿泊費

宿泊費は、宿泊する日数やホテル、部屋によってかなり違ってきます。

僕たちはハネムーンを兼ねていたので、ちょっと奮発して二人で5泊6日約300,000円くらいのホテルに宿泊しました。

ちなみに100,000円くらいの予算があれば、綺麗で景観の良い部屋もたくさんあります

ゲストの旅費と宿泊費

ここは人それぞれですね。

僕の場合は、新郎新婦の親戚と友人合わせて20人くらい招待しましたが、ご祝儀をもらわない代わりに、旅費と宿泊費はゲスト全員に負担してもらうかたちにしました。

招待する人数や予算と相談して決めるのが良いと思います。

挙式費用とパーティー費用の内訳を公開

こちらが、僕が去年、実際にグアムで結婚式をした際にかかった挙式費用とパーティー費用の内訳になります!

海外ウェディング明細

挙式費用

   明細  個数 金額 
基本料金    基本挙式代金
 ・挙式会場使用料
 ・牧師への謝礼
 ・音楽奏者・ウェディングシンガーへの謝礼
 ・ウェディングコーディネーター(日本語)
 ・式次第
 ・結婚証明書
 ・挙式会場から食事会場へのリムジン送迎
 ・マリッジキャンドル
1 133,000 
 基本パッケージ代金
 ・新婦ヘアメイク
 ・ラウンドブーケ&ブートニア(生花)
 ・アルバム(挙式&ガーデン、撮影100枚)
 ・フラワーシャワー(ミックスフラワー6名分)
1 110,000
衣装 ドレス&タキシード レンタル基本料金  1 138,000
 オプション(ウェディングドレスのアップグレード) 1 70,000
 オプション(タキシードのアップグレード) 1 60,000
 値引き 1 -30,000
アルバム  アルバムのアップグレード 1 110,000
 写真の美肌補正 1 52,000
ビデオ  生い立ちDVD(プラン内) 1 0
送迎車  新郎・新婦ご送迎(プラン内)
 列席者送迎(プラン内) 0
 列席者送迎(追加分) 1 42,000
フラワー  ラウンドブーケ、ブートニア(プラン内) 1 0
 フラワーシャワー6名様分(プラン内)
 フラワーシャワー6名様分(追加) 22,000 
その他  ウェディングケーキ 1 26,000
 乾杯オレンジ100%ジュース(追加分) 17 22,100
 ご成約特典 1 -50,000
       
   合計    705,100円

ご覧いただければ、わかると思うのですが基本料金だけであれば30万円ほどです。

僕の場合、ゲストの人数は20人ほどと多かったこともあり、オプションを追加することで料金がかなり上がってしまいました。
ただ、費用を抑えようと思ったら、まだまだ下げれたと思います。

パーティー費用

 項目  明細  個数  金額
レセプション  料理アップグレード(新郎・新婦) 2 8,000
 料理(ゲスト)  21 462,000
 テーブルフラワー(新郎・新婦ヘッドテーブル) 1 39,000
 テーブルフラワー (ゲスト) 100,000
       
   合計    609,000円

パーティー費用の大部分を占めるのは、お料理の代金になります。
つまり、招待するゲストの数に比例するということです。

費用を抑えたければ、招待するゲストの人数を少なくするというのも一つの方法ですね。

 

旅費、宿泊費、挙式費用すべて合計すると、

1,800,000円になります。

ホテルの宿泊費もそうですが、
特に挙式費用とパーティー費用は、オプションや招待する人数次第で費用を半分以下にすることが可能です。

まとめ

今回は、僕が実際に結婚式をあげたときにかかった費用をご紹介しました。

海外挙式にかかる費用は、想像していたものと比較していかがでしたか!?
僕が、最初に感じたのは「思っていたより安い」でした。

最終的にはかなりオプションを追加してしまい結構上がってしまいましたが(汗)

これから、海外ウェディングを検討されている方は是非ご参考にしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が少しでもお役に立ちましたらシェアしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です