仮想通貨NEO(ネオ)が2018年に入り高騰!今後の将来性は?

NEOは2018年に期待

こんにちは!ひでほい(@hidehoy)です。

NEOが新年早々、あっさりと1万円の壁を破っていきましたね!

そろそろ売っちゃおうかな」と考えている人も多いのではないでしょうか?

ちなみに僕は、NEOにはまだまだ伸び代があると思っています。

今はまだは通過点。

ということで、今回は仮想通貨NEOの特徴や今後の将来性についてまとめてみようと思います。

NEO(ネオ)とは?

NEOの概要

neo-top

 

まずは基本情報から。

 
  • 開始:2016年10月26日
  • ティッカー:NEO
  • 発行上限:1億NEO
  • アルゴリズム:DBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerant)
  • NEO創業者 Da HongFei

 

公式サイト:https://neo.org/
ホワイトペーパー:http://docs.neo.org/ja-jp/

NEOの主な特徴

NEOは将来を非常に有望視されているアルトコインのひとつです。

元々はAntshares(アントシェアーズ)という名前でした。
それが、2017年6月に名称が変更され、NEO(ネオ)となりました。

提唱されたコンセプトは、「スマートエコノミーとして、NEO内で生活が完結する経済圏を目指す」です。

この構想がイーサリアムと似ていることや、スマートコントラクト技術を持つプラットフォームから、よく第二のイーサリアムや中国版イーサリアムと呼ばれたりします。

また、NEOは中国で始めて「パブリックブロックチェーン」を採用したプロジェクトとしても有名です。

パブリックブロックチェーンというのは、不特定多数のマイナーによって認証が行われるシステムのことで、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)も採用している方式です。

これに対し、ネム(NEM)のスーパーノードなど、一部の人間や組織に承認作業を限定するブロックチェーンを「プライベートブロックチェーン」と呼びます。

このへんも中国版イーサリアムと呼ばれる所以かもしれませんね。

NEOは中国版イーサリアム?イーサリアムとの違いは?

では、逆にイーサリアムとの違いはどこにあるのでしょう?

ちょっと調べてみました。

NEOとイーサリアムの違いは大きく3つです。

 

NEOとイーサリアムの違い
  1. 独自の技術と高い開発力を担保している
  2. イーサリアムに比べ開発者にとって敷居が低い
  3. 中国発の仮想通貨であること

 

この3つがNEOの強みとも言えます。

さらに詳しく解説していきます。

独自の技術と高い開発力を担保している

NEOは、現在メインとなる開発は6〜7名で行われています。

人数こそ少ないのですが、開発のために「COZ」と呼ばれるコミュニティを形成しており、メインの開発以外にも100~200名ほどの技術者がプロジェクトをサポートしています。

さらに、NEOはDBFT、NeoX、NeoFS、NeoQSなどの多くの独自技術を持っており、高い技術力が伺えます。

今回は特に注目したいポイントをみていきましょう。

DBFT(Delegated Byzantine Fault Tolerant)

NEOを語る上で欠かすことができない技術です。

日本語に訳すと、「ビザンティン耐障害性コンセンサスメカニズム」。
余計分からなくなりますね(笑

できる限り簡潔に説明します!

P2Pなどの分散型ネットワークは、必ず複数人での相互ネットワークで構成されています。

このような、分散型ネットワークを利用したシステムで、しばしば取り上げられるのが「ビザンティン問題」です。

ビザインティン問題とは、ネットワークの中で誰かが意図的にバグや不正、裏切り行為を起こす可能性があるという問題です。

この問題を解決するために生み出されたのがDBFTです。

DBFTではブックキーパー(帳簿係)と呼ばれる、ネットワークの中のブロックを確認・監視する存在がいます。

そして、ブックキーパーはネットワーク内の全ての人になれる権限が与えられています。

NEOでは、このブックキーパーを選定するために、プラットフォーム内のNeoGas(GAS)を貯めたり、ネットワーク内のユーザーから評価を集めるなど独自のアルゴリズムで条件が決められているというわけです。

多彩なプログラミング言語が使用できる

元SEとして、これも非常に大きなポイントだと思います。

イーサリアムを開発する場合、Solidityというプログラミング言語が必須でした。

それに対し、NEOでは「NEOコントラクト」と呼ばれる仕組みがあります。

「NEOコントラクト」を通すことにより、Java、.NET、#C、Pythonなど様々な言語での開発が可能となります。

つまり、開発に新たな言語の学習が必要がいらないため、多くの開発者が比較的容易に参加できるようになっています。

これは、開発者にとってもありがたい機能ですし、開発コミュニティの活性化にも役立つはずです。

NEOの今後は?投資する価値はあるの?

最後に、NEOの今後についてです。

ちなみに、僕はNEOに投資する価値は十分にあると思っています。

中国発の仮想通貨

最近では、韓国や日本が仮想通貨価格のトップとなることが多いですが、ちょっと前までは中国がトップでした。

しかし、現在の中国では市場をコントロールすることが難しくなり、国内通貨である元が海外へ流出することを恐れて規制が設けられています。

しかし、こちらの記事にもあるように、今後その規制が緩む兆しがあります。

China Isn’t Shutting Down Bitcoin Miners: Report

Chinese authorities’ ‘crackdown’ on bitcoin miners will not see them banned and will instead focus on removing their preferential treatment in local provinces.

Chinese publication Ciaxin is reporting that, contrary to rumors on Wednesday, Chinese authorities haven’t asked bitcoin miners to shut down their operations in the country.

China is home to nearly two-thirds of the bitcoin hashrate with mining operations rampant in the Sichuan province and the autonomous regions of Inner Mongolia and Tibet that provide cheap hydroelectricity and cooler temperatures for the energy-intensive process of cryptocurrency mining.

CCN|China Isn’t Shutting Down Bitcoin Miners: Report

要約すると、「中国当局は、今後ちゃんと申請とかすれば、規制もせず、マイニングも許可するよ」といった内容です。

このような動きからも、個人的には、法整備が一通り済めば、近い将来に中国は仮想通貨市場に戻ってくると考えています。

 NEO創始者のDa HongFeiさんがなんだかすごそう

NEOの創始者は、Da HongFeiさんという方です。

Da-HongFei

Da HongFeiさんも来日した、東京でのNEOのミートアップ動画がYouTubeで視聴可能です。

 

この動画にDa HongFeiさんも、もちろん登場しているのですがこの人がすごいんです(笑

もちろん英語はペラペラ、さらにリーダーシップとカリスマ性を持ち合わせており、頭もキレそう。

この人なら、やってくれそうと感じました。

これからNEOに投資しようと考えている方は、見ておいて損はない動画ですよ。

1月は好材料が豊富

実は1月は、NEO関連のイベントが複数控えています。

一番大きなところで言うと、1/25に「dapps competition」が開催されます。

dapps-competition

また、今後NEOのプラットフォームを利用したICOが27個も予定されていると海外で話題となっています。

reddit|NEO has 27 ICOs coming to its platform – here is a spreadsheet.

NEOは第二のイーサリアムと呼ばれていますが、本家イーサリアムと比較すると時価総額では、かなりの開きがあります

はっきり言って、イーサリアムに比べNEOは安すぎます。

今後は、時価総額の面でもイーサリアムに近づいて行くと思っています。

まとめ:NEOは中国が寝てる今が買い時

今回はNEOについてまとめてみました。

色々調べてみて、今の中国の政治とは正反対の、オープンで民主的な通貨といったイメージを持ちました。

中国のアマゾンと言われる「アリババ」などの大企業なんかが絡んできたりしたら、大変なことになりそうですね(笑

中国の仮想通貨の規制が緩んだら、間違いなく価格は高騰するので、買うなら今が絶好のチャンスと言えます。

NEOを購入するならBinance(バイナンス)がおすすめ!

NEOは中国発の通貨ということで、同じ中国の取引所であり、取引高が世界1位のBinance(バイナンス)がおすすめです。

少し前まで、新規ユーザーの登録を停止していましたが、現在は再開しています。
またいつ停止するかわからないので、今のうちにアカウントだけでも開設しておくと安心です。

 

 

こちらの記事でも、KuCoinを使うメリットや特徴をまとめてありますので、参考にしてみてください。

Binanceが新規アカウント開設を一時的に停止、Kucoin銘柄に期待!

2018.01.05

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が少しでもお役に立ちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

1 個のコメント

  • […] 仮想通貨NEO(ネオ)が2018年に入り高騰!今後の将来性は? […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です