ギャンブルで勝てる人、勝てない人の差はどこ?何が違うの?

ギャンブル勝てる人

ギャンブルで勝てる人と負ける人、何が違う?

日本にはまだカジノこそないものの、競馬、宝くじ、パチンコなど様々なギャンブルが存在します。

しかも日本では、まるでコンビニのように手軽にギャンブルを楽しめるということもあって、その市場規模はラスベガスや香港などを上回ります。

スポンサードリンク

そんな日本のギャンブルですが、その仕組みから必ず胴元が勝つとされています。
各ギャンブルごとに還元率は異なりますが、総じて胴元が勝つというのは紛れも無い事実です。

だからと言って、全てのプレーヤーが負けるかというと、そういうわけでも無いのです。

ある統計では年間を通して継続的に勝てているプレーヤーは、どのギャンブルにおいても全体の5%〜10%は存在していると言われています。

実は私も学生時代はパチンコ・パチスロでかなり稼がせてもらいました。
私の周りでは、私とは比べものにはならないくらい稼いでいる人もいました。

ちょうど今から15年くらい前の話しですが、この頃のパチンコ、パチスロを知っている人は、その当時はおいしい思いをした方も多いのでは無いでしょうか?

でも私が一番自信があるのは、麻雀なんです。
ギャンブルでは無いですが(笑

一応過去にプロ試験もパスした経験もあります。(研修が未修了なため、プロのライセンスは所持しておりません。)

フリー雀荘などのここ5年での戦績で言いますと、トップ率37%、連対率63%といったところです。
もちろん、プロや素人でも強いと言われる方と卓を囲めばこの数字は下がります。

ということで、ギャンブル大好きな私が、これまで出会ってきた人や経験からギャンブルで勝てる人と勝てない人の違いを書いてみたいと思います。

負けたのは決して運のせいでは無い

一番大事なところからいきます。

まずは、根本のマインドのところですね。

ギャンブルに強い人というのは、負けたら自分のせい、勝っても自分のせいと考えます。

一方、ギャンブルに弱い人は、負けた時に運が悪かったと、運のせいにしてしまい、そこで終わりです。

このように運のせいで片付けてしまうと、どこが悪かったかの検証や反省ができなくなってしまいます。

そのため、この負けが次に生かされず、次回もまた同様の理由で負けてしまうのです。
もし勝つことがあっても勝った理由は深く考えないことが多いでしょう。

逆に、ギャンブルに強い人は負けたことを運のせいとはせず、負けた理由をとことん追求します。
そうすることによって次は同じ轍を踏みにくくなります。

もちろん勝った場合も、勝った理由を振り返るので自ずと「勝ちパターン」が増えていきます。

こうして、ギャンブルに勝てるマインドを持っている人は、回数を重ねるごとに勝率が少しずつ上がっていくのです。

とはいえ、私もそうなんですが、どう考えても運が悪かったとしか言いようがない負けを食らう時があります。

ここで運が悪かったと割り切ってしまうと楽なのですが、
こういった場合も、注意深く探してみると意外と負ける理由がどこかに隠れていたりします。

より勝ちたいと思った人が勝てる

また精神論的かよ、と思っている方もいるかも知れませんね。
すいません、意外と根性論とか好きなんです。

これはもう、文字通りの意味で、そのまんまです。

もっと分かりやすく言うと「勝てればいいな」と思っている人より、「なんとしても絶対勝つ」と思っている人の方が勝てます。

なぜかといえば、勝ちたいという思いが強い人は、勝つために努力や時間を使うことができるようになります。

「勝ちたい」「負けたくない」と言う思いが強ければ強いほど、勝つための努力や、そのために時間を使うことがが苦になりません。

逆に「勝てればいいな」程度の思いしかないと、努力やそれに時間を割くのがバカらしく思えたり、苦痛だったりします。

これは、ギャンブルに限ったことではないですね。

より具体的に勝つために必要なこととは

つまり、マインドが強いと勝つための行動が起こせるようになります。

パチンコやスロットなら前日に台の下見に行ったり、
競馬や競艇であれば、過去の統計分析したり、
麻雀であれば、強い人の打ち方を何度も見たり、
株やFXであれば書籍を購入して勉強したり、

こういった行動が起こせるかどうかが、ギャンブルで勝てるかどうかに直結します。

頭では解っているけど、面倒臭くて行動に起こせないのであれば、それはまだ勝ちたい気持ちが足りないと言うことになります。

まとめ

ということで、まとめです。

  • ギャンブルは負けても勝っても自分せい
  • 勝ちたいなら誰よりも勝ちたいと思え
  • 勝つためには努力は絶対に必要

書いていて、自分でも改めて再認したのですが、楽をして勝とうとしてはダメということですね。

結局は、スポーツや勉強と一緒です。

何事もそうですが、トライアンドエラーを繰り返していると、自分の勝ちパターンというものが見えてくるものです。

ギャンブルの種類によって、向き不向きもあるかも知れません。

勝つためにひとつアドバイスをするならば、常に自分を客観的に見ることです。

どうしてもお金がかかっていると熱くなりがちです。

そうすると、普段は絶対に取らない、後から考えるとびっくりするような行動をとったりします。
私もたまに失敗しちゃいます。

熱くなりすぎていると感じたら、一度、食事や休憩をして冷静になることが大事ですね。

今回はギャンブルに勝てる人と勝てない人というテーマで書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

自分でギャンブルが強いと思っている方も、弱いと感じている方も、少しでも参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です